MAGGIOLINA マギオリーナ (710x1050x830h)

本サイトでの販売は掲載画像の組合せのみです。

別サイズ・張地・金物をご希望の方は、ショールームまでお問合せください。 

マギオリーナの始まりは、1940年代末、安価で分解可能なアームチェアというコンセプトで、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のコンペのためにマルコ・ザヌーゾがデザインしたものです。湾曲したスチールチューブのフレームに麻袋が取り付けられており、そのポケット部には、座面と背もたれとして使われる2枚の合板パネルが挿入されていました。

1947年にラウンジチェアマギオリーナをデザインした際、ザヌーゾは職人の技術で作られたフレームを持つアームチェア、という伝統的な概念とは違う、継続して工業的に生産できるよう考えられた全く新しいフレームを実験しました。

ラウンジチェア: Ø 18 mm、ポリッシュ仕上げまたはブラックペイント仕上げ、あるいはナチュラルまたはブラックニッケルサテン仕上げの18 -8スチール製チューブフレーム。
スリングはカウハイドレザー(ピグメント90)、バッククッションには100%のニューグースフェザーをセクションごとに使用。
シートクッションは部分的にポリウレタン/ダクロンデュポンの布張り。
内側に固定式コットンカバー。
外側のカバーは布製またはレザーで取り外し可能。


クッションに布地を使用したモデルでは、アームレストにレザーを使用し、スリングにはピグメント加工を施したカウハイドレザーを使用しています。
クッションにレザーまたはEcofireを使っているモデルは、アームレストもクッションと同じ素材でカバーしています。

※受注生産品のため納期は約4~5カ月

※ご注文確認後に担当者よりご連絡させて頂きます。

色: レザーブラウン0414
POUF:

ZANOTTA

MAGGIOLINA マギオリーナ (710x1050x830h)

¥1,664,300
搬入時の確認事項  ※ご購入前に必ずご覧ください。

最近チェックした商品